読書と年収の関係性

読書と年収の関係性

「読書量は年収に比例する」

という事を皆さんは知っているでしょうか?

何の根拠もなくこうした事を言っているわけではありませんよ。

この事にはしっかりと裏付けするデータが出ているんです。

ここではマインドフルネス速読を習得する事が年収アップにもつながる意外な理由についてもみていきたいと思います。

マインドフルネス速読の公式HPへ

日経新聞による調査

まずは日経新聞による調査結果を紹介します。

日経新聞による調査では月額書籍購入費が平均1,914円の人の年収は400万円未満。

2,557円の人の年収は400万円~800万円。

そして、2,910円の人は年収800万円以上というデータが出ています。

雑誌「PRESIDENT」のデータ

続いては雑誌「PRESIDENT」が実施したアンケートによる調査結果を紹介します。

ココでは【月に4冊以上の本を読むと答えた人の割合】です。

年収500万円台の人は「17.0%」

年収800万円台の人は「17.8%」

年収1500万円以上の人は「34.6%」

大富豪は基本的に読書家?

これはアメリカの「Business Management Degree」での調査結果ですが、お金持ちの88%が1日30分以上ビジネス書などを読む(「年収300万円以下層」は2%)。

このようなデータが実際に立証されているのです。

このように、読書と年収には切っても切る事の出来ない関係性があるというのは明白だと言えます。

なぜ読書をすると年収が上がるのか

気になるのは何故読書をすると年収が上がるのかという事ですよね。

もちろんそれには大きな理由があります。

年収を高くする為に必要な事は「凄い成果であると勘違いさせるようなアウトプット力」というものが実は重要であったりするのです。

なんだかちょっと詐欺のようなお話に感じるかもしれませんが、実際にこうした能力というのはビジネスの現場で生きている人であれば意味が分かる事だと思います。

これに関しては東京大学大学院の酒井邦嘉教授という方も、読書をすると考えを構築する事がうまくなって想像力を活かす事が出来るようになるというような意味の言葉を残しています。

こうした理念に関してはマインドフルネス速読の理念と見事に一致しているんです。

つまり、「マインドフルネス速読を習得する事で年収が上がる。」と言ってしまうと少々雑な言い方になってしまいますが、年収を上げたいと思うのであればマインドフルネス速読を習得する事でそこに大きなヒントがあるという事はまず間違いないと言っていいでしょう。

このように、読書と年収には切っても切れない関係があり、年収アップにはマインドフルネス速読は非常に効果的なものであるという事が言えるのだと思います。

マインドフルネス速読の公式HPへ TOPページを見る